投資対象としてのナイジェリア: フロンティア市場の有望な国だと思うよ

フロンティア市場に分類される国の中で,長期投資の対象として,私が有望だと考えているナイジェリアについてまとめます.長期投資の期間としては少なくとも20年から30年くらいを想定しています.

以降で示すデータは2018年以降は推定値になります.

スポンサーリンク

ナイジェリア

ナイジェリアはGDPがアフリカ第1位の国で,サービス産業が近年では大きく伸びています.GDPでは比率が低いものの政府収入の7割方が原油の輸出に依存しており,ナイジェリアの経済は原油に依存しています(後述).

参考 ナイジェリア連邦共和国 | 外務省
参考 ナイジェリア | JETRO

人口動態

まずは人口動態推計を確認します. 国連の人口動態推計(2017年)をもとにグラフを作りました.

出典 United Nations Population Division

ナイジェリアの人口は2017年時点で1億9000万人強で,2050年までは年率2%以上で増えていく見通しです.他の国と比べて圧倒的な増加率です.

生産可能人口(14歳以上65歳未満)も現在は53%ぐらいと十分多いうえに,2050年ごろには60%に達する見込みです.日本とは違って未来は明るそうですね.

GDP

ナイジェリアのGDPです.IMFの World Economic Outlook(2018 Apr)のデータを用いてグラフ化しました.2018年移行のデータは予測値です.

出典 IMF World Economic Outlook

一人あたりGDPは2000ドル程度とかなり低いことがわかります.逆に言うと,伸びしろがあるということですね.

これまで,GDPは長い目でみると着実に伸びてきていることがわかります.GDPが大きく下がったのは2回あり,1998年のアジア通貨危機,2014年から2015年の原油安のときです.一方で,2008年のリーマンショックではそれほど影響は受けていません.

実質GDP成長率では,2%強とフロンティアとしては控えめな成長を見込んでいます.

産業

産業をGDP業種構成からみてみましょう.通商白書2017年度版のデータから,GDP業種構成の円グラフと,2000年からの構成比をグラフ化しています.

農業,卸売・小売業が全体の40%を占めています.情報産業と製造業は合わせて20%程度しかありません.

また,採掘業(石油等を含む)はGDPの内訳では6%程度しかありませんが,原油がナイジェリアの重要な外貨獲得手段となっています.これが大きく落ち込むと,回り回って消費が落ち込み,他の産業に悪影響を与えます.詳細は通商白書2017年度版を参照してもらうとして,簡単に説明すると,「原油価格が下がる→政府収入が減って,公共投資減→消費・企業の投資の縮小→他産業の売上減」という流れです.

したがって,現状ナイジェリアの経済を左右する材料は原油価格で,原油価格がそれなりの価格で安定すると未来は明るいでしょう.2014年から2015年の原油安では大きくGDPが落ち込み,その結果消費が大きく落ち込み2018年現在もそれほど回復していません.原油依存からの脱却がナイジェリア政府の課題になっています.

GDPの構成をみると,年によって,大きく家計消費の割合が変動はしていますが,概ね50%から80%は内需によるものだとわかります.したがって,家計消費が大きくなる,単純には人が増えることがそのまま経済成長につながると思っています.

インフレ率

インフレ率は以下のようになっています.

インフレ率は直近は15%程度と非常に高く,この先5年間も14%程度のインフレ率が見込まれています.

そのため,実質GDP成長率は2%だと低めだということですね.

通貨

新興国やフロンティア市場は通貨安が問題になります.投資は米ドル建てなので,米ドルに対して通貨安が進みすぎると損失を被ることもありえます.

ということで通貨(ナイラ)もドルに対してどれだけ安くなっているのか見てみましょう.

直近では,2015年から年率で20%から30%でナイラ安が進んでいることがわかります. 少なくともこれくらいの年率で投資対象が増益しないと通貨安に負けてしまうことに留意が必要です.

なお,2008年から2017年までの幾何平均では,年率11.4%の通貨安になります.

スポンサーリンク

株式指数とETF

ナイジェリアの株式指数として「MSCI All Nigeria Select 25/50 Index」があります.25/50 Indexというのは,1つの銘柄の構成比率の上限が25%に制限し,構成比率が5%の銘柄の構成比率の合計の上限を50%に制限した指数です.

「MSCI All Nigeria Select 25/50 Index」との連動を目指しているETFにはNGEがあります.日本のネット証券3社(SBI証券,楽天証券,マネックス証券)ではNGEは取り扱っていませんが,サクソバンク証券ではNGEをETFとして投資できます.

参考 NGE | Yahoo Finance
参考 NGE | MSCI Nigeria ETF – GLOBAL X

以降では, MSCI All Select 25/50 Index のファクトシートからデータを引用します.

パフォーマンス

過去のパフォーマンスは参考程度ですが,2018年9月までのパフォーマンスを確認しましょう.

Ref: MSCI All Nigeria Select 25/50 Index Fact sheet (SEP 28, 2018)

現在は過去最安値付近まで下がっています.2014年から2015年の原油安で,最高値から1/3になっています.

構成比率

MSCI All Nigeria Select 25/50 Index のセクターはこんな感じです.

Ref: MSCI All Nigeria Select 25/50 Index Fact sheet (SEP 28, 2018)

約半分を金融,35%が卸売・小売が占めています. エネルギーは2.45%しか含まれていませんね.

また,GDPの業種構成とも大きく異なっていることはポイントだと思います.構成が一致していないので,MSCI All Nigeria Select 25/50 Indexの利益成長とGDPの成長率は異なると言うことですね.

指数に占める上位10銘柄はこんな感じです.

Ref: MSCI All Nigeria Select 25/50 Index Fact sheet (SEP 28, 2018)

10銘柄全体の72%を占めています.なお,指数全体でも22銘柄しかありません.

指標

5月からMSCI All Nigeria Select 25/50 Indexのファクトシートを毎月確認し,指標を記録しています.それをもとに,5月からの指標の変化をグラフ化しました.なお,ROEとEPS成長率は他の指標から計算しています.転記ミスがあってらやさしく教えてね(´ー`)

年初からずっと指数が下がった結果,実績PERと予想PERはともに減少しています.見通し悪化にともない指数が下がる場合は,実績PERと予想PERの差は縮まるあるいは実績PER<予想PERになりますが,そうはなっていません.

配当利回り(DPS)をみると,NGEの配当利回りはこれよりずっと低いので注意が必要ではありますが,5.55%まで上昇しています.さらに直近では,PBRが1を下回るようになってきています.

特筆すべき点は,EPS成長率が直近で55%見込まれていることです.20%から30%の通貨安を見込んでも,ドル建てで25%以上の増益が見込まれているということです.

指標面では文句なしで割安だと思います(´ー`)

おわりに

今回は,投資対象としてナイジェリアをいろいろなデータをもとに検証してみました.直近の経済状況はそれほど良くはありませんが,人口の伸びが凄まじいこと,GDPは内需が中心,株価指数も十分割安で指標上の見通しが良いです.

一方で,市場が効率的だと思うと,指標が割安なのに放置されているということは,いうほどナイジェリアに明るい未来はないということかもしれません.政治が安定しているとは言えないし,テロは頻繁に発生するし,株式市場の健全ではないリスクはありそうです.そもそも市場が健全でないと投資そのものがなりたたないですからね.

とはいえ,私はインドの次にくるであろう国としてナイジェリアがくるんじゃないかなと考えて,20年30年くらいの長いスパンを見て,ちょこちょこNGEを投資するのは夢があっていいんじゃないかなと思っています.

コメント