簡単にネスレの企業分析してみた

最近無性にミロが飲みたくなります.なぜでしょうね.

ミロといえばネスレのココア風味の飲料ですね.私の大好きなディフェンシブな企業です.ネスレはスイス企業ではありますが,米国市場にADRで上場しているので,米国市場で取引可能です.ティッカーシンボルはNSRGYです.

ということで,今回はネスレについてさくっと調べました.あまり深い分析はしていません.

結論としては,私は投資先としてはウォッチリストにはいれるけど,あまり魅力的とは思いませんでした.

スポンサーリンク

事業内容

さくっとWikipediaで調べると次のようにありますね.

Nestlé(ネスレ、正式名称 仏語: Nestlé S.A., 独語: Nestlé AG, 英語: Nestlé Ltd.)は、スイスのヴヴェイに本社を置く、世界最大の食品・飲料会社。ミネラルウォーターやベビーフード、コーヒー、乳製品、アイスクリームなど多くの製品を取り扱っている。スイス証券取引所上場企業(SIX: NESN)。日本法人はネスレ日本株式会社。
出典 ネスレ|Wikipedia

ネスレのライバル企業は,ペプシコ(PEP)やケロッグ(K),ハーシー(HSY)などでしょう.「会社四季報」業界地図2018年版にから売上規模をみると,順にざっくり10兆円,7兆円,1.4兆円,および8000億円です.ちなみに,日本企業では明治HD(2269)の売上が約1.2兆円ぐらいなのでそれなりについていっている印象です.そのほかのお菓子・スナックの企業では,カルビー(2229)が2500億円,森永製菓(2201)とブルボン(2208)が1200億円程度の規模です.

業績/指標

次に業績状況をさくっと見ます.モーニングスターのデータ(10年間)を利用して使用してグラフ化しました.単位はスイスフランです.ネスレは12月決算で,2017年12月は予想値です.凡例をクリックするとそのデータの表示/非表示を切り替えることができます.

出典 Nestle SA ADR NSRGY | Morningstar

売上/営業利益/純利益/フリーキャッシュフロー

売上高をみると,2008年から2012年は減少しており,20%減少しています.2012年以降は横ばいです.一方で営業利益は期間にかかわらず横ばいです.純利益については,2010年は眼科製品事業の売却ではねています.それを除くと純利益はここ10年横ばいです.フリーキャッシュフローも安定していますね.

以上から,ネスレは成長性が乏しいけど,安定した成熟企業であるという印象を受けます.

EPS/DPS

EPSは純利益と同じ傾向ですね.なお,2008年7月に10株を25株に分割しています.

DPS(1株あたり配当額)をみると増配傾向ですね.配当再投資を狙っている投資家としては良いのではないでしょうか.ただし,スイスの配当課税は35%ということなので,他の企業と比べるときには注意が必要です.

営業利益率/配当性向/ROE

営業利益率は10%以上を維持しつつ直近では15%弱です.ROEは13%以上を維持しています.

配当性向は,純利益横ばいでDPSは増加しているのことから,年々上昇しています.今期は76%強になるようです.

どうするか?

以上をうけて,私はどうするか.

ネスレは食品業界最大手です.業績状況をみると,売上・利益ともに横ばいでした.配当は増配傾向にあるものの,配当性向は75%程度あります.利益が今後増加する見通しが立てば,さらなる増配も期待できると思います.しかし,ここ10年横ばいであることを考えると,楽観はできないと思います.

また,2017/11/17時点のネスレのPERは28.34です.一方で,ペプシコのPERは23.7です.ペプシコは売上と利益はゆるやかに上昇傾向にあります.さらに,配当課税も含めるとよりペプシコの方が良さそうです.

以上から,あえてネスレに投資する理由はなさそうです.ネスレに投資するならペプシコに投資したほうが旨味がありそうです.

ということで,私はいちおうネスレはウォッチリストにいれますが,積極的に投資しようと思うほど魅力的に思えなかったのでたまに業績を確認するぐらいだと思います.

なお,ネスレのADRは国内のネット証券(SBI証券,楽天証券,マネックス証券)では取り扱っていません.ネスレ株を購入する方法としては,IB証券のような海外証券会社を使うか,大手証券会社(野村證券や大和証券など)を使う方法があります.

まとめ

ネスレは食品業界最大手ではあるものの,投資先としてはあまり魅力を感じませんでした.ネスレに投資するならペプシコに投資するほうがリターンが期待できると思います.

ということで,今回はミロにはじまりペプシコーラに終わりました.ちなみに,私はドクターペッパーが好きです.

ドクターペッパー飲みたい!