【感想】「世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました」を読んでみたよ

インデックス投資でアーリーリタイアした投信ブロガーのNaightWalkerさん(@nwalkerz)の著書「世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました」を読みました.

インデックスファンドに積立投資するだけのお手軽な投資でアーリーリタイアができるなんて,投資でアーリーリタイアを目指している私としては参考になることがあるだろうと思い本書を手にとりました.

私はインデックスファンドに投資してたりそのデリバティブを利用したりしているので,パッシブ運用しているという意味ではインデックス投資家ではありませんが,広い意味では私はインデックス投資家だと思っています.

ということで今回は,「世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました」を読んだ感想を書いてみようと思います.

スポンサーリンク

概要

本書は,投資をしたことのない投資初心者を対象に,インデックス投資がサラリーマンに如何に適していて,楽にお金を増やすことができるかを説明しています.

全体を通して優しい語り口調で,難しい話もなくサクッと読めました.大体1時間ちょっとで読めたでしょうか.金融工学入門 第2版と比較すると,こんな感じです.念の為書いておくと,上のが本書です.

本書は7章構成で,1章から5章までがインデックスファンドに長期積立投資の利点,お金を育てていくためのコツ,暴落時を想定したリスク管理方法について書かいてあります.6章では,筆者が実際にアーリーリタイアした際の状況や検討したことなどについて書かれていおり,最後に7章では積立投資の出口戦略についてかかれています.

さて,本書の中で私が気になった内容について触れていきます.

インデックス投資(パッシブ運用)がオススメ

1章から5章までは,初心者向けの投資本ではよくあるような内容ではあるものの,必要最低限の理論的な話(現代ポートフォリオ理論とか)をしつつゆる~い感じで説明されているのでストレスなく内容が入ってくると思います.本のカバーにつられて手にとった人にでも初めの一歩として正解になるような本じゃないですかね.

ただ1点だけ,次の箇所で疑問を持ちました.

本書では,「最適に分散された唯一のリスク資産のポートフォリオを無リスク資産と組み合わせて保有する」ことで,全世界を投資対象としたときには,「最適に分散された唯一のリスク資産のポートフォリオ」は全世界の株式会社を時価総額の比率で分散させることだと述べています.

しかしそのすぐあとで,自分の好みでポートフォリオを自由に修正しても良いと話がでてきますが,なぜ変更してよいのかが説明されていないように思います.

「最適に分散された唯一のリスク資産のポートフォリオ」=「全世界の株式会社を時価総額の比率で分散させたポートフォリオ」なら,それを自分のリスク許容度に合わせて無リスク資産で薄めて運用することが正解じゃないのって思いました.どういうことってなりました(´ー`)

本書の趣旨としては,細かいことには目をつむって,インデックス投資で60点から70点くらいを狙いましょうってことだとは思いますが,私は気になっちゃいました.

アーリーリタイアを実現するためには…

アーリーリタイアを目論んでいる者としては,もちろん一番気になったのは6章のアーリーリタイアに関する章ですね.

本章では,著者がアーリーリタイアを決断したきっかけや決断の際の判断基準に加えて,実際アーリーリタイアした後の生活について触れています.ただ,アーリーリタイアをすすめるというよりも,「アーリーリタイアは究極の自己責任」として釘を差しています.

本章を読んで,パッシブ投資のインデックス投資でアーリーリタイアはできそうだけど,それは定年-10年くらいの年齢になったときかなぁということを再認識しました.

私は2035年にアーリーリタイアをすることを目指して投資を行っていますが,やはりそこそこのリスクをとった運用をしないといけないと思います.まぁ投資が趣味なのでいいですけどね.

やっぱり出口戦略は考えとかないとね

7章では出口戦略について触れています.

定率でとりくずしたり,アバウトにほどほどに使ったりと,リスク許容度を出口に向かうに従って下げていくべきなどと説明してありますが,著者はそれほどちゃんとやっていないみたいですね.著者は株式:債券の1:1でいいんじゃないって考え方で運用されているみたいです.これぐらいゆるいのが長く続けるコツなんでしょうね.

最後に,「まったくのほったらかしはありえない」と「まったく勉強しないのもありえない」という言葉には激しく同意しました(´ー`) 最低限の金融リテラシーは万人が持っておくべきですよね.

おわりに

今回は世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめましたを読んだ感想を書いてみました.全体として,これから投資を始めようと思っている初心者に対して良い本だと思いました.多くの投資に時間をかけたくないサラリーマンにとっては価値がある本だと思います.

ところどころにでてくる著者の言葉が良いです.その中で私が好きな言葉は「儲けようではなく育てよう」という言葉です.その他にも,「そうだよねぇ」と共感できる言葉がたくさんありました(´∀`)

最後に,表紙のメガネっ子女子は各章の扉絵にでてきますが,全部同じだったのはちょっと残念でした(´・ω・`)