検証

スポンサーリンク
投資全般

長期投資家にとって投資信託/ETFの実質コストはどれくらいなら許容できる?

ETFや投資信託などを購入する際には,売買手数料や信託報酬などのコストをできるだけ小さくすることが大切です. コストは投資家の敵です.信託報酬や経費率といった保有している間にコストも複利で効いてくるので,小さなコストが思いの外リターン...
検証

Quantopianはめっちゃ便利!簡単に取引ロジックをチェックできるぞ

私にとって投資は趣味の一つです.ですので,投資についていろいろ考えたり,実験したりするのは好きなんですね. しかし,同じことを何回も繰り返すのはめんどくさいと感じてしまいます.特に,「この作業自動化できるやん」って思う作業を手作業でやるの...
米国株

バフェット太郎10種ポートフォリオのバックテストをしてみたよ

にほんブログ村 米国株村の村民ならおなじみのバフェット太郎さん(@buffett_taro).控えめに言っても読者を煽るタイプのブロガーなので好き嫌いが分かれると思います. 私はバフェット太郎さん,結構好きなんですよね.バフェット太郎さん...
投資信託

VTIの過去データを利用してつみたてNISAの節税効果を検証してみた

前回は,現行NISAとつみたてNISAのそれぞれにおいて,長期積立投資をしたときにどれだけ節税効果があるかを定量的にシミュレーションしました. しかし,VTIの年利が6%強だからといって,毎年6%で株価が増えているわけではありませ...
投資信託

NISAとつみたてNISAはどちらがお得?長期投資を想定して簡単にシミュレーションしてみた

来年2018年からはじまる「つみたてNISA」の口座開設予約が今月から各証券会社ではじまりました.つみたてNISAは長期投資を想定した制度設計になっており,最長20年間が非課税になっています.しかし,年間40万円と少額すぎるとの指摘もあ...
2018.03.29
米国株

投資信託 or ETF? S&P500インデックス投資をコストの観点から考える

インデックス投資するなら S&P500 に連動する商品に投資するのが最良の選択だと思います.なぜなら,S&P500は米国の大型株500種からなる株価指数で,世界市場で展開しているグローバル企業を多く含んでいます.つまり,S&...
2017.10.05
検証

資産運用の目標を決めるための複利運用シミュレーション

資産運用を考えるとき,一番の魅力は複利でしょう.複利の力で試算が大きく増加することが期待できます. そこで,初回にまとまった資金で運用開始し,毎年追加資金として積み上げながら運用する状況を例に,実現可能性の観点から資産運用の目標額と運用利回...
2017.10.17
スポンサーリンク